効果的な飲み方や飲むタイミングで最も重要なことを伝授♪

今話題のダイエットサプリメント、

ビアンコロールですが、皆さんはどの様な飲み方をされていますか?

 

また、飲むタイミングなど考えて摂取されていますか?

 

公式ホームページには、

水またはぬるま湯で、と書いてある様です。

 

飲むタイミングに関しては、特別何も指定は無いようです。

 

しかし、薬などは、種類によっては、

お茶で飲むと効果が薄れたり、

ジュースで飲んではいけないと指定のあるものもありますよね。

 

ビアンコロールは、薬ではないので、

それ程気を付けなくても良いのかも知れませんが、

 

飲み方や飲むタイミングで効果が変われば、

その方法を知りたいですよね。

 

そこで、効果的な飲み方と飲むタイミングをお教え致します。

 

 

 

ビアンコロールの飲み方とタイミング!

◎飲み方・飲むタイミング

*一日に1粒~2粒を水かぬるま湯で飲むのが、

一番効果的なようですが、

ここで注意しなければいけないのが、量を守ると言う事です。

 

過剰摂取すると、痩せ過ぎたり、

体調を崩す可能性があるからです。

 

効果を早く出したいと多めに飲む事だけはやめましょう。

 

 

*飲むタイミングですが、ビアンコロールの特徴は、

主成分である白いんげん豆が、

 

脂肪を強力に吸着すると言う効果がある為、

食前に飲まれるのが一番良い様です。

 

また、ビアンコロールがお腹の中で溶けて、

効果が出るまで30分はかかりますので、

食前30分前に飲まれると良いかと思います。

 

 

*注意事項

・毎日、体重を測り5日以内に7kg以上の減量があった場合、使用を一旦中止する事

・急激に体重が落ちる場合があるので、1日の摂取量は必ず守ること

・体重40kgの人は摂取しない事

 

とありますので、必ず守りましょう。

 

 

 

何故食前が効果的なのでしょうか?

そこで、何故食前が効果的なのか説明していきますね。

 

それは、ビアンコロールに使われている、

主成分のホワイトキドニービーンと言われる「白いんげん豆」の特長にあります。

 

白いんげん豆には、ナノサイズの空洞があり、

脂肪を強力に吸着させる性質があります。

 

また、この豆に含まれる、ファセオリンと言う物質は、

炭水化物やでんぷんを糖へ分解する酵素の働きを止める働きをします。

 

つまり、余分なカロリーを体外へ排出させ、

吸収を妨げる効果があるのです。

 

その為痩せる事が出来るのですが、

摂り過ぎると必要な糖分までなくなるので、注意が必要になります

 

また、それ以外にも、「レスベラトール」

というポリフェノールの一種で強い抗酸化作用を持っていて、

過酸化脂質を強力分解する効果のある成分も含まれています。

 

更に、脂肪を燃焼させる酵素「リパーゼ」の働きを活性化させ、

痩せ易く、太りにくい体質に導く「アサイー」と言う成分も配合されています。

 

これらの事から、ビアンコロールはきちんとした飲み方と、

飲むタイミングを守れば、

より効果が出ると言う事が判って頂けたでしょうか♪

 

 >>ビアンコロールで効果を出してみる!

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ